HOME > 事業概要と特色 > Message
 
 
  五十嵐徹也photo
五十嵐徹也
医療の仕組みは地域とのコミュニティによって成り立つ
 
 茨城県は他県とくらべて面積が広く、周産期医療を支えるには、ヘリポートの活用や医師の循環などいろいろな手立てが必要です。しかし、茨城県全域で同等の充足を満たすことは容易なことではありません。こうした中で、県内の周産期医療のより良いかたちを考え、実践していくのが当院の役割だと考えています。
 県内のいろいろな地域から支援要請があり、医療連携強化の動きが高まってきています。私たちはこうした流れに積極的に応え、役割を果たしていきたいと思います。医療は社会共有のインフラであり、その仕組みはコミュニティとのコラボレーションによって成り立つとの認識を強く実感しています。周産期医療に限ったことではありませんが、関連の医療機関と密に連絡を取り、地域の特性やニーズを把握しなければならないと思っています。
 
  須磨崎亮photo
須磨崎亮
私たち医師は、地域に所属していると考えている
 
 大学病院の役割とは、市町村それぞれの病院で必要とされる医療の知識の提供や方法を提案していくことです。周産期医療においても、医師の循環や他の病院との医療連携などでその役割を果たしてきました。しかし、最終的に県の医療を担うのは地元の病院です。私たちは、そうした医療施設へのお手伝いを後方から行う立場であると考えています。
 医療の集約化の問題にしても、単に特定の病院に医師を集めれば良いということではなく、それぞれの医療施設の役割を念頭に置き、機能を果たしていくことが重要でしょう。今回は、県全体で周産期医療を考え、医師ならびに患者様が県内の医療施設を自由に行き来することを事業の中心に置いており、その実現の鍵に大学病院と地域病院との連携があると考えています。
 
  吉川裕之photo
吉川裕之
女性医師の活用で周産期を支える
 
 これからの地域医療においては、「県内の患者は県内で診る」ことが必須になるでしょう。茨城県の周産期医療は容易な状況にはありませんが、筑波大学附属病院はこれを支えるべく、最大限の努力を傾注しています。
 私たちの取り扱う年間分娩数、婦人科腫瘍の件数は、全国でもトップクラスです。一方でまた、そうした症例の集中が過重労働とならないよう、配慮をしています。当直明けは午前中で帰宅できるシフトの実現、分娩手当の新設など、当院は労働環境や待遇面の改善がもっとも進んだ国立大学病院の一つといっていいでしょう。
 産婦人科を志す医師の7割が女性というこの時代、人事のあり方も大胆に見直していく必要があります。産婦人科医のみなさんが男女を問わず長く働き、理想のキャリアを実現できるよう、筑波大学附属病院では万全のサポート体制をとっています。
 
  増本幸二photo
増本幸二
県内全域に小児外科を配置できるように
 
 小児外科医は、人口100万人に対して少なくとも3〜4人は必要といわれています。現在、茨城県では人口約300万人のところ小児外科専門医は約15人と、最低限の人数は確保しています。しかし、面積が広い茨城県においてはいまだ十分にカバーできているとは言えず、医療圏内として近隣の福島県や千葉県の一部も含めるとまだまだ不足しているのが現状です。
 小児外科では、この状況を改善するだけではなく、患者さんにさまざまな治療を提供し、かつ将来は後進の指導もできる医師を多く輩出していきたいと考えています。大学病院として多くの人々の健康に寄与していくのはもちろんですが、いま一度、医師の教育機関・養成機関として大学病院を見直すことが大切ではないかと思います。
 この事業を活用して、多くの病院・診療所と連携しながら有能な医師を輩出し、県内全域に小児外科医を配置できるように環境を整備していきたいと考えています。
 
  白川洋子photo
白川洋子
胎児期から学童期までトータルな看護で周産期医療を支えよう
 
 茨城県の拠点病院として、地域の周産期医療をリードしていかねばならないという使命感は、看護師の間でも非常に高いものがあります。今回の人材育成事業は、当院が県の行政や他の病院とさらに連携を深めていく、いいきっかけになるでしょう。
 当院の腎臓内科・婦人科・泌尿器科の師長は代々、助産師の資格をもった看護師が務めてきました。看護師たる者、胎児期から学童期、さらにその後の時期までトータルにケアできる存在であるべきだ、と考えるからです。最近、「NICUがあるところに就職したい」という若い方の声を耳にしますが、当院では、異常分娩も含めて多くの症例を体験できますし、蘇生術や一次救急の技術を体系的に身につけることが可能です。
 若くて吸収力のある時期に、ぜひ当院でキャリアの第一歩を踏み出し、茨城の周産期医療をともに支える一員に加わってください。
 
  金子道夫photo
金子道夫
少ない命を大切に育てていくために
 
 筑波大学は発足当初より小児外科を設置し、他の拠点病院と密接に連携・棲み分けしながら、茨城県の周産期医療を支えてきました。当科の症例数は、全国の国立大学の中でも上位5指に入ります。
 いうまでもなく周産期医療の理想はIntact Survivalにありますが、治療成績が向上していく過程では、どうしても後遺症を残す場合もでてきます。こうした症例の診療において、小児外科医は高度の専門性を発揮し、少ない命を大切に育てていくために不可欠の存在となっています。
 同じ新生児の手術でも、小児外科医と一般的な外科医とでは治療成績がかなり違ってきます。心臓カテーテル術一つとっても、呼吸器のついた低出生体重児カテーテル挿入は、なみなみならぬ技術を必要とします。このような小児外科医の存在によって初めて、後ろ向きではない、積極的な周産期医療が可能になるのです。
 
茨城の周産期医療を守ろう
  事業概要と特色  
周産期医療環境整備事業の概要と特色
茨城県の周産期医療の現状
Message
セミナー・講習会
各種サポート体制
チームの取り組み
事業レポート
News Letter
リンク集
HOMEへ
 
 

〒305-8575
茨城県つくば市天王台1-1-1
TEL:029-853-5635
FAX:029-853-8819
ppsupport@un.tsukuba.ac.jp

 
 
  地域と大学の連携による周産期人材育成事業 ホームページ
|  サイトマップ  |