HOME > サポート体制 > 女性医師看護師のキャリア支援
 
女性医師看護師キャリアアップ支援システム
   
結婚や出産などがあっても医師としてのキャリアが継続できるように女性医師キャリアアップ支援システムを設けています。一口に女性医師といっても専門分野やそれまでのキャリアは個人によりさまざまです。専任のキャリアコーディネーター(医師)がカウンセリングを行い、個人の希望に合わせて研修をコーディネートしていきます。
 
 
 
女性医師看護師キャリアアップ支援システム
   
コーディネーターが定期的に参加者と面談し、継続的に評価を行い、フィードバックおよび次の目標設定と修正を行います。研修的な視点にとどまらず、育児、家庭と仕事の両立などキャリアデザイン全体にわたり支援するシステムで、3ヶ月時の評価で自分自身のワークライフバランスを考慮した働き方が再選択できるようになっています。
「フルタイム常勤は難しいが短時間なら可能」「ブランクがあるので不安」など、病院での就業をあきらめていた方の看護職支援システムとして多くの復職を応援します。
 
 
 
 
   
専門医または専門認定看護師取得を目指す20代後半から30代は、女性にとって結婚、妊娠、育児期間と一致する時期であり、昼夜を問わず勤務にあたることが多い周産期医療の現場では、実際には諦めざるを得ないケースが増えています。
本事業ではそうした状況を改善すべく、以下のようなきめ細やかな対応を行います。

●病院間での病児保育サービス、長時間保育サービスの共同利用
●院内保育施設に数名の保育スタッフを雇用し、予防接種の付き添いや延長保育に対応
●ベビーシッターを病院として契約し、保育施設では対応しきれないサービスを共同利用


さらに、女性医師が周産期専門医の資格を取得したり、女性看護師が専門認定看護師の資格を取得するうえで困難となる育児休暇での中断、学会参加への減少には以下のように対応します。

●個々の事情に配慮した研修プログラム、再教育プログラムの作成
●キャリアカウンセリングを担当する指導医への業務補助(事務員の確保、指導医手当の設置)
●小規模な学会、研究会、講習会等へのベビーシッターの派遣

 
  ▲TOPへ 

茨城の周産期医療を守ろう
  事業概要と特色  
セミナー・講習会
各種サポート体制
各種サポート体制
女性医師キャリアアップ支援システム
女性看護師キャリアアップ支援システム
育児支援
チームの取り組み
事業レポート
News Letter
リンク集
HOMEへ
 
 

〒305-8576
茨城県つくば市天久保2-1-1
TEL:029-853-3785
FAX:029-853-8819
ppsupport@un.tsukuba.ac.jp

 
 
  地域と大学の連携による周産期人材育成事業 ホームページ
|  サイトマップ  |