筑波大学附属病院  認知症疾患医療センター 本文へジャンプ
               
認知症とは?

 4大認知症とされる@アルツハイマー病、A血管性認知症、Bレビー小体型認知症、そしてC前頭葉側頭葉変性症について、それぞれの特徴を簡単に説明します。




 アルツハイマー病は全認知症の半分以上をしめる代表的な疾患です。最初期は記憶障害だけを認めます。とくに軽度認知障害(MCI)とは、認知症とは言えないものの知的に健常とも言えない移行状態を意味します。生活面では、「言いたい言葉が出てこない」、「やる気がない」、あるいは慎重さや注意不足が現れます。次の時期には記憶障害は明らかになり、他人の言う事を理解するのが難しくなります。またこの時期を特徴付けるのはいわゆる行動異常・精神症状で、妄想、焦燥、不穏、うつなどの症状がみられます。さらに認知症症状は重度になると、運動機能にも支障をきたし、失禁が現れます。衰弱が進むのに伴って様々な病気に罹りやすくなり、これが最終的に死に結びつきます。今日治療薬として4種類の薬剤が流通しており、根本治療薬の開発にも目覚ましいものがあります。遠からず治療成績が大きく改善することが期待されます。




 血管性認知症とは@認知症状態がみられ、その背景にA脳血管疾患があって、Bその認知症状態と脳血管疾患発症との間に時間的関連性が認められるものを言います。これまでは、卒中発作の都度、段階的に悪化するのが臨床経過の特徴だとされましたが実際にはタイプごとに、臨床経過は様々に異なります。治療法は、この病気の背景にありがちな高血圧、糖尿病、あるいは高脂血症などの治療をきちんと行うことにあります。




 レビー小体型認知症では、初期にはむしろ記憶よりも注意の障害が目立ちがちです。経過と共に幻視や錯乱状態を呈したり、方向感覚の悪さもみられたりします。日中の眠気と寝ぼけや寝語などの睡眠異常がひどいこともあります。また歩行障害と動作緩慢があり、姿勢障害や失神も多いものです。治療薬はアルツハイマー病に準じて用いられます。




 前頭葉側頭葉変性症は最近では3分類されます。有名なのはいわゆるピック病など前頭側頭型認知症(FTD)です。この病気の初期には特徴的な人格変化、情動面の変化、病識の欠如や判断力の低下がみられます。人格変化の特徴は、ゴーイングマイウエイと称される無遠慮な振る舞い、行動の制御困難ですが記憶については比較的保たれます。もう少し進行すると失語が目立ってくる。定刻に同じ場所を回り歩く「周徊」も特徴的です。さらに身体機能の低下が明らかになり、コミュニケーション能力を失って重度の認知症状態になります。現在のところ治療薬はありません。