概要




 本取り組みは、茨城県において麻酔・救急医療を担う質の高い医師を養成・拡充するための継続的、包括的、資格指向型教育研修プログラムである。教育メディアの柱として附属病院内にシミュレーション・ラボを開設し、プログラム・ディレクター2名を雇用する。これら教官は麻酔・救急シミュレーション・プログラムを新たに開発し教材として全国に公開する一方、卒前臨床実習や初期・後期研修、休職後の再教育等に携わりプログラムを活用したシミュレーション教育を行う。後期研修では麻酔専門医資格に加え複数の専門医資格取得を目的とする研修trackを明確に謳い、教育関連病院群とシミュレーション・プログラムの活用により、質の高い麻酔科後期研修を行うことができる。
 その結果、医学生や初期研修医の学習意欲が向上し、麻酔・救急医療に対する興味を喚起し、麻酔科キャリアパスを明確にイメージすることが出来、当該領域への医師の誘導が期待できる。