サブメニューはこちら

看護教育の方針

看護師として−人として−
成長を支える教育環境があります

看護は、一生学び続ける職業です。当院の現任教育は、講義とグループワークや体験型の研修を組みあわせ、自ら考え学び続ける力と人とかかわる力を高め、専門職業人である看護師として成長できることを支援します。


1. 自ら学び、成長できるラダーレベルに基づいた研修

筑波大学附属病院看護部の教育理念は、「期待する看護師像」を目指して、成長発達できるように育成することです。看護実践能力におけるクリニカルラダーは、日本看護協会による「ジェネラリストのためのクリニカルラダー」をベースにしてます。

2. 社会人基礎力を高める教育

新人とはいえ、看護師は国家資格をもった専門職です。当院では、社会人基礎能力に注目し、失敗しても粘り強く取り組むことや、創造する力、多様な人々とともに目標に向かって努力する力を持った社会人となれるよう教育をすすめていきます。

3. スペシャリストの養成(看護師特定行為研修)

保健師助産師看護師法の一部改正により看護師の「診療の補助」業務が拡大され、医師が行っていた行為の一部について、研修を受け知識・技術を修得した看護師が特定行為として行えるようになりました。特定行為は急性期から在宅看護まで幅広く対応できます。

現任教育