サブメニューはこちら

新人教育

一人一人の成長を支援する教育体制と職業人としての知識・技術・態度の習得を目指した研修プログラムです。

支援体制

当院の看護教育は、病棟で行うOJT(on-the-job training)と看護部で行う集合研修があります。それぞれの役割を持ったスタッフが連携し、新人看護職員が自ら成長していく過程を支援します。


新人教育

新人教育担当者(各部署に1名)

病棟における新人教育のリーダー的存在でOJT計画の企画・運営・評価のとりまとめを行います。

実地指導者(各部署に5名前後)

新人看護職員へ技術指導および評価をします。

チューター(各部署に5名前後)

職場への適応を目的に新人看護職員の相談役を務めます。

新人研修責任者

新人看護職員の研修プログラムの企画・運営・実施・評価を行っています。また、各部署の看護師長・副看護師長や教育担当者と連携を図り新人の皆さんが各部署に順調に適応できるよう支援します。

新人教育の目標と集合研修の主な内容

当院では、厚生労働省により努力義務化された新人看護職員臨床研修制度のガイドラインに沿って新人研修を実施しています。

入職時(4月)

目標:病院の目的や機能、職場としての看護単位の特性を理解できる。

病院組織および看護部についてオリエンテーションや研修を通して、病院の雰囲気に慣れる時期となります。先輩看護師と共に見学・体験することから開始し、病棟の業務を少しずつ理解していきます。

集合研修
オリエンテーション / 看護部の理念・組織 / 看護師の心構え / 看護記録と記録のガイドライン / 医療安全とセイフティマネジメント / 社会人と学生の違い / ポートフォリオ / 電子カルテの操作方法 など


2〜3ヶ月(5月〜6月)

目標:病棟の流れを理解し、各部署のチームの一員として行動できる。

2~3か月採血の演習

日勤業務を理解し、支援を受けながら一部屋の患者を受け持ちます。夜勤の体験が開始となります。

集合研修
薬剤の基礎知識 / 輸血 / ME機器 / ME機器操作演習 / 採血 / 輸液管理 / 多重業務/12誘導心電図/心肺蘇生法 など


3〜6ヶ月(7月~9月)

目標:各部署のチームの一員として看護ケアに携わり、
他者の援助を受けながら、自己の成長を確認できる。

3~6か月気管内挿管の介助演習

メンバー、リーダーと相談しながら日勤・夜勤業務を行うことができる。

集合研修
看護倫理 / 気管内挿管の介助演習 / 安全 / 看護業務における様々なリスクマネジメント / 静脈注射演習 など


半年後〜1年後(10月〜3月)

目標:看護者としての基礎看護技術を安全に実施し、今後の課題を見出すことができる。

6か月~1年看護リフレクション研修 

チームにおけるメンバーの役割(日勤・夜勤)を理解し、助言を受けて協働でき自立を目指します。

集合研修
フィジカルアセスメント / 死にゆく人々への看護 / 看護リフレクション など