サブメニューはこちら

キャリアアップ

大学の附属病院である特長を最大限に活かし、学術と臨床の両面から、成長をサポートしています。

キャリア支援

アカデミックな知識は、臨床現場におけるスキルを、より確実なものとする手助けとなります。 臨床経験に基づく学術研究に積極的に取り組めるよう、研究指導者がサポートします。 その成果は、院内・院外で発表されています。

教育研修休職制度

資格取得やスキルアップのため、休職して進学・留学することが可能です(最長2年)。

学術集会参加支援制度

常に進化する看護では生涯学習が不可欠です。能力向上のための学会やセミナーなどの参加に対し、参加費と交通費を全額支給しています(年間2回まで)。

充実した教育施設

高度医療技術シミュレーションラボ

シュミレーションラボ

シミュレーターを使った技術トレーニングができる「スキルスラボ(臨床技能実習室)」を完備しています。ここでは、救急蘇生、輸液管理、採血などについて、個々の能力やペースに合わせて研修を継続することができます。基礎教育と連動したシミュレーターによる学習は、臨床現場での研修への移行をスムーズにし、確実な看護能力を身につけることに役立ちます。


図書館

図書館

筑波大学附属図書館は、中央図書館と4つの専門図書館に分かれており、すべて自由に利用することができます。

蔵書は和書・洋書含めて250万冊以上、閲覧できる電子ジャーナルやデータベースは10,000タイトルを超えます。2010年3月には国内でもまだ珍しい新電子図書館システムを導入し、図書館が所蔵していない電子資料も管理・検索できるようになりました。

医学専門の書籍や資料を所有する医学図書館は筑波大学附属病院に隣接しており、また土日・祝日も開館しているため、病院職員の勉強や研究活動に広く利用されています。資料は全面開架方式で管理され、検索や閲覧もスムーズです。

詳しく見る 大学図書館ホームページへ

専任スタッフがメンタル面でサポート

初めて仕事に携わる入職1年目だけではなく、看護の現場ではベテランになってもさまざまな悩みに直面することがあります。当院では、リエゾンナース、カウンセラー、産業医などの専門家が連携し、メンタル面でのサポートを行っています。