私がナースを続ける理由 第1話

誰の心の中にも、ずっと大切にしたいストーリーがあります。今の自分を支える
ストーリーをご紹介します。

患者さんの心を開く鍵は、「あきらめない」こと!

入職1年目の時、ケアに行くといつも怒って拒否される患者さんがいて。「今日もダメでした」と先輩に報告することもたびたびでした。
突然の入院生活でせん妄などが起こることは知識としては知っていたものの、実践での経験がなく毎日試行錯誤の繰り返し。もちろん落ち込んだこともありましたが、「ここで引いたら信頼関係は築けない」と思い、できる限り患者さんに接するようにしました。「もう来るな!」と言われても、ニッコリ笑って「また来ますね~」(笑)。何回か繰り返したある日、「さっきはつい怒ってしまって。本当は嬉しかった」という言葉が。苦しくても諦めずにつづけたことが報われたあの瞬間を、一生忘れることはできません。
自分自身、辛いことや大変なこともありますが、患者さんは病気でそれ以上に辛い思いをされています。患者さんとの接点が多い看護師という仕事に、大きな醍醐味を感じています。

私がナースを続ける理由