私がナースを続ける理由 第16話

誰の心の中にも、ずっと大切にしたいストーリーがあります。今の自分を支える
ストーリーをご紹介します。

病棟と外来で患者さんをサポートできる喜び

家族が病弱だったこともあり、子どもの頃から病院や看護師さんは身近な存在でした。辛い時にも看護師さんの言葉に救われ、自分も将来そういう存在になりたいと思ったのが看護師を目指した理由です。看護師になって15年目ですが、患者さんから「ありがとう」の言葉を聞くと、どんな疲れも消え、また頑張ろうと思えますね。当院には「継続看護」という考え方があり、病棟看護師も状況に応じて外来看護を担当します。普通は退院後に患者さんと会うことはありませんが、外来で患者さんと再会する場があり、継続して患者さんをサポートできるのです。病棟で担当した患者さんと外来で会い、自分を名前で呼んでくれた時は本当に嬉しかったですね。3年前から当院で働いていますが、退院後の患者さんをサポートできる当院のシステムも、大きなやりがいの一つです。

私がナースを続ける理由