私がナースを続ける理由 第8話

誰の心の中にも、ずっと大切にしたいストーリーがあります。今の自分を支える
ストーリーをご紹介します。

子どもの「頑張る」を支えたい

闘病生活は大人でも辛いもの。ましてや、子どもにとってはなおさらです。PICU では、治療の辛い経験が嫌な記憶として残らないよう、常に意識してケアに当たっています。治療に最も大切なのは、子どもが「元気になりたいから頑張ろう」と思う気持ち。その気持ちを引きだすのも看護師の大切な仕事の一つです。治療や手術の前にはインフォームド・アセントを行い、子どもなりに理解できるよう話します。これを行うことで、「辛かったけど、聞いてた通りだったから、怖くなかったよ」と前向きに捉えて頑張ってくれるんです。PICU から病棟に移動した子供たちの元気な姿を見ると、私も「頑張ろう!」と思えるのです。

私がナースを続ける理由