無菌病棟に来ました!

6東病棟は、血液内科の無菌病棟で骨髄移植など行われる病棟です。きれいな環境ですが、個室での入院生活が中心となります。

廊下を歩く患者さんに、外の世界を見てみてもらうための窓枠づくりを、筑波大学芸術系の教員や学生とともにアートの取り組みを始めたそうです。これから、窓枠がどんどん増えてゆきます。楽しみですね。

白樺の飾りは、病棟の入口にありました。今は、新緑の夏バーションです。さわやかな空気が感じられます。

春は桜、秋は紅葉と季節毎に変わってゆくそうです。季節ごとにかわる様子を、またお伝えしたいと思います。

黄色い花は、患者さんとともに作っているそうですが、何の花なのかな?

 

 

 

 

新人看護師の就職3月目の様子

 

眼科と血液内科混合の一般病棟に来ました。

工夫を凝らした七夕の飾り付けがありました。アンパンマンの笑顔で、元気100倍!

本日は、眼科手術日でした。手術前の点眼時間がわかるように、大きく表示する工夫は素敵!とてもわかりやすいですね~ 点眼処置では、声だし・指さしの実施によって、薬剤名、投与方法、投与日時を患者さんにも協力できているそうです。

黄色のストラップの新人看護師を真ん中に、先輩看護師とハイチーズ!

右側の方は病棟の受付・事務関係を担当しているクラークさんです。他職種とのコミュニケーションもよく、仲の良さがとても感じられた7東病棟でした。

平成29年度 病院見学会を開催しました

5月13日の病院見学会には茨城県内外の学生さん20名以上の参加がありました。説明会では、2人の先輩看護師との懇談会を企画しており、熱心に聞かれている様子です。一人目の先輩は、アカデミックプログラムを活用し働きながら大学院で学びつつ、日々のPICUでの看護ケアの様子を熱く伝えてくれました。2人目は、今年の4月から2年目となった先輩です。一般病棟で勤務の中で患者さんからの言葉に嬉しかったことや、辛かったことも経験を通し成長できたことを振り返られていました。                                                               

その後、副看護部長から就職後の教育プログラムについて、配属部署への希望について、採用試験について、看護師宿舎などなど質問を受け実際に看護師宿舎も見学しての半日コースでした。夏のインターンシップもあります。今回これなかった方、お待ちしています。