皆様、こんにちは。

平成30年度 筑波大学附属病院看護部 地域公開研修が、9月7日から始まりました。

第1段は、安全管理の研修(与薬、ME機器、感染予防、中心静脈注射の管理、医療安全)です。

9月13日ブログで紹介できなかった、感染管理をレポートします。

前半は講義。話の中に問題が準備されており、皆で考えました。

後半は演習。オムツ交換で、個人防護具がどのくらい汚染するのか、ブラックライトで確認しました。

手袋・エプロン・マスクだけではなかった。髪、腕、ユニホームまでキラリ☆

え~(*_*; の演習となりました。

by.TT

 

HCUの学会発表 その2

前回ブログと同様、看護学会急性期にもう一人発表しました。昨年の2年目研修のケーススタディを学会仕様に修正して、早3年目で全国学会デビューです!

他覚的に眠っているように見えても、大きな手術後の患者さんにとっては、しっかりとした睡眠になっていないかもしれない・・・

真の休息や睡眠の大切さを学びました。これからの術後ケアにこの学びを活かしていきたい!事例だけでなく、研究も学びたい!そう決意したのでした。

悩みながら作成した抄録とポスターは、とっても良くまとまっていて、たくさんの方がうなずきながらご覧くださいました。

学会後は、リフレッシュ!伝統ある別府温泉にみんなで入浴!宿泊以外の温泉にちゃちゃっと出かけ、ざあーっとつかり、記念のタオルも購入、これわずか40分足らずの行動でした。

HCUらしく、思い立ったらすぐに行動!! プライベート時間もテキパキ、サクサクと活動するのです。

もちろん、湯上がりには大分特産の関サバ関アジ、ビールで労いました。仲間の絆もいっそう深まり、楽しいことこの上ない夜となりました。

By A.T

HCUの学会発表 その1

大分県別府市で開催された日本看護学会 急性期に参加しました。

脳卒中認定看護師として、最新の治療を受け入れるべく、教育体制を整えた成果を実践報告としてまとめ、発表しました。

他病院の脳卒中に関わる方々と、病棟の体制や教育について意見交換もできました。

 

 

 

 

 

 

 

 

終了後は、スイーツを共に味わい、笑顔満開です。

By A.T