初診受付時間
8:30~16:30(再診受付 7:30~16:00)
診療時間
平日9:00~17:00
休診日
土日、祝日、年末年始
面会時間
14:00~21:00(精神病棟は14:00~18:00)
玄関施錠時間
22:00~06:00
診療に関するお問い合わせ
029-853-3621(月~木 08:30~15:00)
代表番号
029-853-3900
予約電話番号
029-853-3570(※当院は全科予約制です)

病理部

病理部

THDC

診断病理研究室ホームページ

認定病理専門医7名(うち細胞診専門医4名)、研修医5名、臨床検査技師12名(うち細胞検査士4名)、技術職3名が病理部の業務に携わっています。病理部では外来、病棟、手術室から提出されるすべての細胞、組織、臓器について形態診断を行なっています。

病理部というと馴染みの薄い方が多いと思いますが、病理部は放射線診断部とならんで筑波大学附属病院における診断精度を高いレベルに保つ役割を担っています。たとえば患者さまが胃、大腸などの内視鏡検査時に採取される微量の組織片は病理部に送られ病理医が責任を持って診断し、臨床医に診断結果を伝え、患者さまのその後の治療に役立てられています。また胸水、腹水あるいは喀痰などの液状検体も採取された後、病理部に送られます。その後、細胞検査士のチェックを経て細胞診専門医が責任を持って診断し、臨床医に診断結果を伝えています。特に肺腫瘍の診断や腎疾患の診断については日本を代表する病理医が診断にあたり、正確で信頼のおける診断を提供しています。また分子病理学、免疫組織学、あるいは電子顕微鏡などの高度先進医療技術を用いた補助診断についても充分な設備と能力を持っています。

患者さまが希望すれば臨床医の承諾のもとに検査された標本の診断結果についてご説明することも可能です。患者さまが他院の医師にセカンドオピニオンをお求めの場合も主治医の了解のもと病理標本を貸し出しすることができますので主治医にご相談ください。また逆に他院での生検標本について当院でのセカンドオピニオン診断も行っておりますので主治医を通してご利用ください。

outpatient