詳細メニューへ移動します
外来のご案内

セカンドオピニオン外来

01 必要書類等 1.主治医からの「セカンドオピニオン外来専用診療情報提供書」
2.相談同意書:相談同意書PDF版はこちら(PDF形式:76KB)
3.相談者が本人以外の場合。ただし、対象者が未成年の場合は、相談者と対象者の続柄が確認できる書類(健康保険証等)
検査資料等   
・血液検査の結果
・超音波検査の結果と画像
・レントゲン検査、MRI検査、CT検査のフィルム及び報告書
・病理検査の報告書  など
4.主治医からの診療情報や検査資料がない場合には一般的なお話しかできず、有効なセカンドオピニオンは提供できませんので、診療情報提供書、検査資料等をお持ちください。
02 その他 1.相談内容によってセカンドオピニオン外来よりも一般外来の受診をお勧めするほうがよいと判断される場合には、別途一般外来の受診をお勧めします。
2.膀胱がんにおける「膀胱温存療法」ならびに「陽子線治療」をご希望される場合は、泌尿器外科のセカンドオピニオン外来で相談を受けていただきます。
3.お問い合わせ、ご予約には料金はかかりません。キャンセルも可能です。料金はセカンドオピニオン外来終了後に、お支払いください。