初診受付時間
8:30~16:30(再診受付 7:30~16:00)
診療時間
平日9:00~17:00
休診日
土日、祝日、年末年始
面会時間
14:00~21:00(精神病棟は14:00~18:00)
玄関施錠時間
22:00~06:00
診療に関するお問い合わせ
029-853-3621(月~木 08:30~15:00)
代表番号
029-853-3900
予約電話番号
029-853-3570(※当院は全科予約制です)

リハビリテーション部

診療案内

骨、関節、筋肉、末しょう神経、中枢神経などの病気やけがを被ると、身体の様々な部分の動きが不自由になったり、日常生活に介助が必要になってしまうことがあります。治療過程の中でこれらの障害の回復を促し、たとえ治すことの難しい障害がある場合でも、色々な工夫により生活上の問題の解決・軽減をはかることが、リハビリテーション(リハビリ)部門の役割です。また、疾患によらず重症の患者様や手術後の患者様に起きやすい廃用症候群の予防、治療としてもリハビリの必要性が高まっており、小児の発達の遅れ、手術前後の状態を含む呼吸機能の問題などもリハビリの対象領域です。これらの障害の原因となる疾患、外傷は極めて多岐にわたっており、ほとんど全ての診療グループから依頼を受けています。

診療体制について

リハビリテーション部では、リハビリテーション専門医を含む医師3名兼務1名とともに理学療法士18名非常勤2名、作業療法士5名、言語聴覚士3名、看護師1名が専属スタッフとしてリハビリ治療にあたっています。急性期リハビリテーションの必要性に応えるため、現在のところ、各診療グループの入院患者様を中心に診療させていただいています。外来通院により行うリハビリテーションは、当院入院中に開始し、退院後も当院での継続が必要な方、およびリハビリテーションを必要としながら他の医療機関での実施が難しい方を主な対象としています。独立した診療科ではないため、外来で開始する場合は、通常は機能障害の原因である傷病について関連する診療科グループを受診していただいた上で、その診療科からの依頼を受けています。

リハビリテーション治療が行われるまでの手続き

入院・外来とも患者様の傷病について治療や管理を行っている診療グループの担当医からの依頼を受けて、多くの場合はまずリハビリテーション部の医師が診察の上リハビリテーション処方指示箋を作成することにより開始されます。その後は部の医師と担当療法士が協議の上、継続の必要性を含めて定期的に実施計画を決めながら各療法を実施します。整形外科的治療など診療グループが専門とする治療の一部として行われる場合には、診療グループの担当医から直接指示を受けています。

診療グループからのメッセージ

多くの依頼にお応えできるようスタッフの増員を含め診療体制の充実に努めていますが、まだ施設基準を満たすために整備の途上にある領域があり、入院患者様の依頼数にも増加傾向が続いています。院外から積極的にご紹介をお受けする体制が必ずしも整っていませんことをご了解下さい。

主なリハビリ治療の内容は以下のとおりです

理学療法

主に下肢・体幹の運動訓練。起立・歩行、起居動作を中心とした日常生活活動における基本的動作の練習。呼吸訓練(呼吸リハビリ)。小児の発達訓練。義足や下肢・体幹装具の作成、調整、着脱訓練、車椅子や座位保持装置の形状の検討と作成、調整、車椅子操作練習。運動療法機器としてはトレッドミル、自転車エルゴメーター、等速度運動用機器などを備えています。

作業療法

主に上肢・手指の運動訓練。筋電バイオフィードバック療法。機能障害を改善するために、患者様の状態に応じた作業課題を用いる機能的作業療法高次脳機能障害の改善を目的として行うこともあります。日常生活活動において上肢・手指の巧緻性を必要とする身辺処理や応用的動作の練習。小児の発達訓練。自助具の作成と使用訓練、義手や上肢装具の作成、調整、着脱訓練。

言語聴覚療法

主にコミュニケーションや食べる能力およびこれらに関わる器官の機能の改善を目的とした訓練や指導・助言。必要により補助手段の導入も柔軟に行います。失語症を中心とした高次脳機能障害、構音障害、言語発達の問題、難聴などの音声、言語、聴覚障害ならびに摂食・嚥下機能障害が、対応している主な機能障害です。

理学療法室の写真

理学療法室

作業療法室の写真

作業療法室

言語聴覚療法室の写真

言語聴覚療法室

以上の他、理学療法、作業療法の補助となる物理療法として温熱療法、渦流浴なども行います。義手・義足・車椅子および大部分の装具は専門の業者が作成します。四肢の痙縮に対するボツリヌス毒素による治療も行なっています。

糖尿病予防研究会 発足のご挨拶

糖尿病予防研究会 発足のご挨拶

糖尿病予防研究会 業績まとめ

糖尿病予防研究会 業績まとめ

 

外来担当予定表

※休診:(休)、午後のみ診察:(後)、Dr.指定患者のみ診察:(指)、初診のみ診察:(初)

診察室 9日(月)        
C250 体育の日        
診察室         20日(金)
C250         上野 友之
診察室 23日(月) 24日(火) 25日(水) 26日(木) 27日(金)
C250 羽田 康司(後) 清水 如代(休) 清水 如代(休) 石本 立 上野 友之(休)
診察室 30日(月) 31日(火)      
C250 羽田 康司(後) 清水 如代(後)      
 


 


department