セミナー(終了)2017

【終了】知財セミナー

大学研究者が知っておきたい医療分野の知的財産

ポスター

大学発の医薬品・医療機器シーズが必要とされる患者さんに届けられるためには、企業への導出を見据えた知財戦略を描くことが重要です。 本セミナーでは、医療分野における知財紛争の実態、その実態にみる知財の重要性、臨床研究や創薬研究における知財戦略の考え方等について、 具体的に分かりやすく説明します。

日時
2017年10月16日(月) 18:00-20:00
場所
筑波大学 臨床講義室C 別ウィンドウ
参加申し込み
不要
※ 本セミナーは臨床研究の「研究者・専門職研修Level2」のカリキュラムのひとつとして開催されます。
※ 受講記録をとりますので職員証・学生証をご持参ください。
プログラム
1)18:00-18:45
「研究成果を患者に届けるために-知財戦略とAMEDの支援-」
内海 潤(国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)知的財産部シニア知的財産コンサルタント)

2)18:45-19:30
「TR研究者が知っておくべき特許制度の話」
森田 裕(大野総合法律事務所 弁理士/博士(医学)・T-CReDO顧問弁理士)

3)19:30-20:00
「筑波大学における知的財産権の取扱と現在の動向」
大塚 伸恵(筑波大学産学連携部産学連携企画課 知的財産管理係 専門職員)
ポスター PDF


【終了】「日米の橋渡し研究拠点間の連携」公開シンポジウム

Fostering International Collaboration Between Clinical and Translational Research Insitutes in Japan and the US

本シンポジウムでは、日米の橋渡し研究拠点の活動の現状をお話しいただき、 オープンイノベーションや臨床開発を国際的に連携して進める上での課題と、拠点や規制当局の連携について議論します。

ポスター

主催
University of California, San Diego ・筑波大学つくば臨床医学研究開発機構 (T-CReDO) ・LINK-J
日時
平成29年 9月27日(水)
16:00 開場 16:30-19:10 シンポジウム
場所
日本橋ライフサイエンスビル 201会議室(〒103-0023 東京都中央区日本橋本町2-3-11)
参加費
無料
プログラムおよび参加申し込みサイト
「日米の橋渡し研究拠点間の連携」公開シンポジウム イベントサイト別ウィンドウ
ポスター PDF
講演者
筑波大学つくば臨床医学研究開発機構 機構長 附属病院病院長補佐 医学医療系 教授 荒川義弘
東京大学医学部附属病院副院長・研究支援部長・腎臓内分泌内科教授 南学正臣
UCサンディエゴ医学部教授 アルツマン臨床研究機構(ACTRI)エグゼクティブコミッティーメンバー兼リサーチナビゲーター マイケル・ジーグラー
医薬品医療機器総合機構 先駆け審査業務調整役・イノベーション実用化支援業務調整役 柴辻正喜
※都合により演者が変更になりました


【終了】つくばグローバルサイエンスウィーク2017(TGSW2017)

『医療分野の研究の出口戦略とアントレプレナーシップに関するシンポジウム:
Translational Research and Entrepreneurship program in Life Science』

橋渡し研究が盛んに行われ起業家育成の体制が整備されたStanford大学、California大学サンディエゴ校、および東京大学から講師を招聘し、 それぞれの取り組みを紹介いただくとともに、若手で起業された方を交えて今後のあり方を議論します。

ポスター

日時
平成29年 9月26日(火)13:30-17:00
場所
つくば国際会議場 2階 201B別ウィンドウ
参加費
無料
詳細
ポスター PDF
つくばグローバルサイエンスウィーク2017(TGSW2017)大会ウェブサイト別ウィンドウ
講演者
UCサンディエゴ医学部教授 アルツマン臨床研究機構(ACTRI)エグゼクティブコミッティーメンバー兼リサーチナビゲーター マイケル・ジーグラー
スタンフォードバイオデザイン プログラムダイレクター スタンフォード大学循環器​内科 筑波大学客員教授 池野文昭
東京大学教授 産学協創推進本部イノベーション推進部長 各務茂夫
筑波大学つくば臨床医学研究開発機構 機構長 附属病院病院長補佐 医学医療系 教授 荒川義弘
株式会社PROVIGATE 代表取締役社長 関水 康伸
※都合により演者が変更になりました


【終了】第2回 グローバル医薬品・医療機器開発マネジメント講座

昨今、産業界では、 開発初期からグローバル展開を見据えてアンメットメディカルニーズに応える新規事業を立ち上げられる人材の需要が急速に高まっています。 一方、 アカデミアでも日本医療研究開発機構(AMED)等への申請に代表されるように、出口戦略(事業化/起業)を見据えて、研究成果から革新的医療技術を創出する手腕が要求されています。
 本講では、医薬品・医療機器の開発およびビジネス戦略に関する講義、グループワークでの『ニーズ/シーズに基づいたアイデア創出・ビジネスプラン策定』の模擬体験を行います。  ファシリテーター・チューターには、経験豊富な各領域の臨床家、ベンチャーキャピタリストも参加します。
研究者・ 医療者・ビジネス界での異分野交流をグループワークで行うことで、イノベーションをマネジメントする知識と技量を学び、人脈形成と相互理解、実践力が身に付く講座です!

詳細・受講生の声はこちら

ポスター

講座詳細
筑波大学エクステンションプログラム「グローバル医薬品・医療機器開発マネジメント講座」 別ウィンドウ
ポスター PDF]
開催日時
日時:平成29年7月8日(土)・7月15日(土), 7月22日(土)
※ 最終日のみ18時まで。その後懇親会あり。
場所
場所:筑波大学東京キャンパス 他別ウィンドウ (地下鉄丸ノ内線茗荷谷駅徒歩3分)
受講対象者
医薬・医療機器分野の基礎知識を持ち、 将来のグローバルマネージャーとしての活躍をめざす個人、 企業派遣による社会人、 並びに自らの領域で事業化・起業を目指すアカデミア研究者
受講人数
25名程度(グループワークの実践講座もあるため応募状況により調整させていただくことがあります)
受講費用(3日間+昼食代を含む)
一般75,000円 / アカデミア・医療機関・政府機関 33,000円(全て税込み)
※学内大学院生は別途ご相談ください。
講座申込み
お申込みは終了しました


【終了】H28年度 医薬品・医療機器レギュラトリーサイエンス講座

ポスター 医薬品医療機器総合機構(PMDA)に設置している連携大学院の全面的なご協力により、医薬品・医療機器レギュラトリーサイエンス講座を公開講座として開講しています。
PMDAをはじめとしてこの分野のスペシャリストである講師陣に最新のトピックスに関する講義をお願いしていますので、ふるってご参加ください

期間
平成29年1月16日(月)~2月2日(木) 16:45~19:15(全10回)
会場:筑波大学
筑波大学 東京キャンパス文京校舎1階134室 別ウィンドウ
(同時中継)筑波大学 筑波キャンパス(医学地区)健康医科学イノベーション棟1階105室 別ウィンドウ
参加方法
参加費無料 事前申し込み要 ※お申込みは締め切りました
講義概要
詳細は別添チラシをご覧ください。一定の条件を満たした方には修了証を発行いたします。
ポスター&詳細案内PDF



最新情報
2017
2016
2015