AMED 橋渡し研究戦略的推進プログラム

平成29年度「橋渡し研究戦略的推進プログラム」採択課題

一覧へ戻る

「橋渡し研究戦略的推進プログラム」の研究費公募にシーズB 2課題が採択されました(2017/7/1)

橋渡し研究戦略的推進プログラムでは、拠点を通してのみ応募できるシーズB(非臨床POC取得を目指す研究開発課題等、1課題当たり年間7,000万円程度(間接経費を含む)、最大3年間)及び シーズC(臨床POC取得を目指す臨床研究開発課題等、1課題当たり年間1億円程度(間接経費を含む)、最大3年間)を対象とする研究費に申請できます。
平成29年度のシーズB/C支援課題は、4月21日にAMED公募が締め切られ、その後AMEDでの審査が行われていましたが、7月1日付で筑波大学から申請したシーズBが 2課題採択されました。

拠点シーズNo 研究開発
代表者
代表者
所属機関
研究開発課題名
B15-12 田口 哲志 物質・材料研究機構 耐圧強度・組織追従性に優れた生体親和性呼吸器外科用接着剤の開発
B16-25 岡本 史樹 筑波大学 新規臨界ハイドロゲルを用いた人工硝子体の開発

今回は、拠点採択からシーズB/C支援課題応募締切りまで期間が短かったため、残念ながら採択は2件に留まりましたが、 T-CReDOでは、今後もつくば地域の医療シーズの育成と実用化が進むよう研究費獲得の支援を行ってまいります。

全拠点での採択状況はAMEDのウェブサイト(下記)をご覧ください。