職員募集(CRC・プロマネ・モニター・データマネージャー・監査担当者)

つくば研究学園都市で働いてみませんか!
筑波大学は文部科学省/AMEDの「橋渡し研究拠点」に採択され業務拡大のため、多数の職種にて人材を募集中です

筑波大学では、平成29年度から開始された日本医療研究開発機構(AMED)の「橋渡し研究戦略的推進プログラム」の 橋渡し研究拠点に採択されました。
つくばから生まれた医療シーズの育成と出口戦略、橋渡し研究の研究者育成、医師主導治験の支援など、大幅な業務拡大のため、多くの職種について人材を募集中です。
働きやすく、学びやすく、住みやすいつくばの環境で、専門性を活かし働いてみませんか。
企業主導の治験だけでなくアカデミア発のシーズ開発にご興味ある方は、是非下記連絡先へお気軽にお問い合わせください! 見学も歓迎します。

応募について


募集中の職種

詳細についてはお問い合わせください。

臨床研究コーディネーター(CRC)別ウィンドウ
プロジェクトマネージャ
スタディマネージャー
データマネージャー
モニター
監査担当者
URA、シーズ管理・育成担当者
知財担当者
技術移転マネージャー


附属病院およびT-CReDOについて

筑波大学附属病院は、昭和51年に開業しました。1700名あまりの様々な職種が専門性を生かし、最先端の医療に携わっています。 平成24年12月には新しい入院棟となる「けやき棟」が稼働しました。
私たちの「つくば臨床医学研究開発機構(T-CReDO)」は、附属病院や医学系の既存組織の設備拡充により平成27年6月に発足し、2周年を迎えました。 地域に根差しつつ、国際的な先端医療開発拠点として発展すべく、つくばから新たな一歩を踏み出します。


つくばの生活環境

筑波大学附属病院は、つくば市研究学園都市のほぼ中心に位置しています。 つくば市は「住みよさランキング2017」で全国12位、茨城2位を獲得、緑豊かな自然と都市機能が融合した新しい街です。 病院の近くには多くの研究施設が立地しており、最先端の科学技術を肌で感じることができる環境にあります。
最寄り駅の「つくばエクスプレス つくば駅」からはバスで5分程度と東京からも通勤圏内(つくば駅から秋葉原駅まで快速で45分)のため、 電車通勤するスタッフも少なくありません。病院からは大型ショッピングモール「iias」や大型量販店「COSTCO」へも近いなど利便性も高く また教育環境のレベルも高いため、子育てがしやすい環境として大変魅力的です。


一緒に働くスタッフ


T-CReDO発足式

働いているスタッフの職種は、教員、医師、薬剤師、看護師、臨床検査技師、技術職員、事務職員など様々です。(総勢66名、うち専任50名)。
職種の垣根を越え、チーム一丸となって仕事に取り組んでいます。
企業や規制当局で活躍した経験をもつスタッフも多く、革新的医薬品・医療機器等の開発の環境も充実しています。
未経験者の方には、先輩スタッフが丁寧に指導いたします。
世界的な研究学園都市として恵まれた環境を生かし、いろいろ経験してみませんか?


お問い合わせ先

臨床研究推進センター
担当:武石
email: t-credo.adm@un.tsukuba.ac.jp
Tel: 029-853-3914