業務内容・部門紹介

TR推進・教育センター

シーズを形に、臨床研究・臨床開発の未来人材をつくる

橋渡し研究の支援、臨床研究に関わる人材の育成を担当しています。

1)Research Studio(アントレプレナー教育)
起業やシーズの実用化を目指す若手研究者に対し、つくばの豊富で多様なシニア研究者や先輩起業家、ベンチャーキャピタル等の協力の下、チューターを置き、個別のニーズに合わせた指導チームを編成して、指導に当たります。手術見学などを通じたニーズ探索、臨床医とのブレインストーミングによるアイディア創成から、ビジネスモデルの構築まで、個別の要望にも対応しています。
2)シーズインキュベーター(シーズの育成)
治験への導入を目指す有望なシーズを有する研究者に対し、非臨床試験、知財戦略、産学連携、外部資金獲得等のアドバイスを、シーズ評価委員会ならびに個別指導を通じて行います。
3)研究者・専門職生涯教育
医学医療領域の橋渡し研究に関わる人材の育成プログラムの対象を、医学生からプロフェッショナルまで拡大し、職種やレベルに合わせて発展させていきます。研究責任者やデータマネージャー、モニター、CRC等の専門職を対象とした、 臨床研究に関する教育研修の他、主に医薬品・医療機器等の開発のプロフェッショナルを対象としたビジネス戦略に関する集中講義やグループワーク、レギュラトリーサイエンス講座などを一年を通じて開講しています。 フロンティア医科学(修士課程)では、橋渡し研究プログラムを開設し、臨床研究支援業務、臨床データマネジメント、CRC業務をOn the Job Trainingで学びながら、研究活動を行っています。また、(独)医薬品医療機器総合機構 (PMDA)との包括協定に基づく人事交流や連携大学院も実施しており、レギュラトリーサイエンスに関する実体験も可能です。
4)Cell processing Factory (CPF)
組織細胞治療に関する研究を支援しています。
5)研究の実施:JA茨城県厚生連寄附講座臨床研究地域イノベーション学等
学内外研究者、企業等との連携により、シーズ創出のための基礎研究、生活習慣病予防のための臨床研究、臨床開発及び医療の効率化に関する実践研究等を独自に実施しています。