本文へスキップ

つくばヒト組織診断センター

筑波大学付属病院

つくばヒト組織バイオバンク

設立理念

事業概要

 つくばヒト組織バイオバンクは、手術や検査で採取された試料(組織、血液など)を患者様の同意をいただいて保存・管理して、研究利用のためにさまざまな研究機関に分配する研究支援事業です。
 人に有効な薬や治療法を開発するためには、ヒトに由来した試料を利用して研究を行うことが重要です。しかし、日本ではヒト由来試料の研究利用に関する法的・倫理的な規制がなされておらず、試料の供給がほとんど行われておりません。このことは欧米諸国と比べて大きく遅れをとっています。つまり、試料提供者の権利を保護しつつ、研究を推進するための仕組みが作られていないのです。そこで、つくばヒト組織バイオバンクでは茨城県内の医療機関と連携して手術で摘出した組織の一部を研究に有効活用するシステムを構築することを目標に事業を開始いたしました。

申込方法

1. 試料(組織)保管について

採取した試料(組織)の保存・患者様への説明(IC)ならびに臨床データの管理について詳細に打ち合わせを行います。TRRC検体管理部門事務局までご連絡下さい。

2. 試料(組織)利用について(準備中)

試料(組織)の利用にあたっては審査(研究計画審査、倫理審査)が必要になります。試料利用申込書および審査申請書に必要事項をご記入の上、TRRC検体管理部門事務局までご送付下さい。
※提供には実費手数料がかかります


申込フォーム

下記ファイルに必要事項を記入してE-mailにて送付ください。(現在、準備中ですが申込フォームはご覧になれます)

申込フォーム


〜バイオバンクに関連するニュースです〜

バナースペース

つくばヒト組織診断センター

〒305-8576
茨城県つくば市天久保2丁目1番地1

TEL:029-853-3865(診断・解剖)

        3728(TRRC)

mail:trrc@hosp.tsukuba.ac.jp